ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.3.1 09:13皇統問題

中央大学の憲法教科書はギャグか?

先ほど「高森ウインドウズ」を見たら、中央大学の憲法の
教科書には、皇位継承が女系になったら憲法違反だと
書かれているとことを知り、驚いた。

しかも愛子天皇の皇婿が、山田だったら、山田陛下になる、
田中だったら田中陛下になると書いてあると言う。
強力な無知だな!
久しぶりに爆笑した。

皇室に入ったら、「氏」は失うということすら知らない憲法学者が
いるとは!
そもそも民間人だって、さすがに美智子さまも雅子さまも、
元の「氏」では呼ばれてないってことくらい知ってるでしょ?

そもそも憲法学者というのは怪しい奴が多い。
百地・八木、そして竹田恒泰も憲法学者を自称してるけど、
嘘ばっかり言ってるからな。

中央大学の憲法学者は元左翼で、昔は自虐史観だったが、
最近、右に転向したらしい。
右に転向したら途端に今の右派論壇のポジショントークに
嵌って、右派のムラのお約束通りのイデオロギーに
染まってしまう。
どうしてそんなに馬鹿なの?
なんで勉強しないの?
しかも右派トークの耳学だから、山田陛下とか田中陛下とか、
ほとんどギャグになってしまう。

中央大学の学生は気の毒だ。
このブログ読んだ学生がいたら、教授に注意してやれ。
笑われてますよって。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ