ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.3.11 06:25

アベノミクスの破綻を直視せよ


アベノミクスは失敗する」と、最初から言い続けている

わしにとっては、何で今さらという気がするが、

ようやくデータが出てきたので、マスコミも報じ始めた。


朝日新聞も産経新聞も、昨年10月から12月期の実質経済成長率が

年率0・7%に下方修正され、今年1月期の経常赤字は

過去最大を更新したと書いている。

消費増税前に「駆け込み需要」が増えるのを当て込んでたのに、

全然効果がない。

4月からはもっと個人消費が落ち込むことは確実だ。

 

昨年7月から9月期の実質経済成長率も下方修正されたと

書いているので思い出したが、タクシーの運転手が

昨年8月からこっち全然景気が良くない。年末年始も悪い。

こんなことは初めてだ」と言っていた。

タクシーの運転手はさすがだ。

 

「設備投資」も「個人消費」も伸びない。

一時、株高で儲かった金持ちが高級品を買っていくと

テレビがしきりに報じていた。

この景気が庶民にも降りてくると言ってたが、

わしは「バカをぬかせ」と思っていた。

 

当然のように庶民の個人消費は伸びない。

当たり前で、賃金が下がっている中で、円安のため

物価は上がるのだから、苦しくなって買い控えする。

 

貿易収支だけでなく、経常収支も赤字だから、

財政赤字と合わせた「双子の赤字」で、市場の信頼を失い、

国債が売られて金利上昇を招く危険もある。

 

これを全部「原発停止」のせいにしようと政府・経団連が

企んでいるが、天然ガス・石油の輸入量に変化はなく、

むしろ前年比で減ってる月もある。

すべてはアベノミクスで「円安」になったためであって、

嘘の上に嘘を積み重ねる様子は、まるで全聾の作曲家、

ニセ・ベートーベンみたいなものだ。

騙される馬鹿どもこそ反省しろと言いたくなる。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ