ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.3.11 15:29

HKT48咲良たん(宮脇咲良)の詩的な感性


HKT48咲良たん(宮脇咲良)が被災地訪問をした

様子を書いている。

岩手県宮古市で公演をしたようだ。

長文だから全部紹介できないが、中略しながら一部を

紹介したい。

 

「ライブは、体育館のような場所で行われました。

老若男女問わず、沢山の方々がわざわざ足を運んで

下さって、とても嬉しかったです。

でも、その体育館はとても冷え込んでいました。

寒さに慣れていない私は、手足の感覚が徐々に

無くなってきていました。

MC中に峯岸さんが、この体育館は震災の時、

避難所だったということを言っていて、

びっくりしました。

こんな寒い場所に、不安な気持ちで避難していた

皆さんの事を思い、もっともっと一生懸命歌おう、

踊ろう、届けようと決心しました。」

 

「宮古市市長が、少しずつボランティア活動も

減っていって、この震災の事を忘れられるんじゃ

ないかと悲しく思っています。

それでも、毎月東北に来て笑顔を届けてくれる

AKBの皆さんに感謝しています。

と言って下さいました。」

 

「岩手は、雪が降っていました。雪が降り積もって

いるのに、空を見上げると太陽が眩しかったです。

きっとあの太陽は、寒い冬の希望になるのでしょう。

雪の間から顔を出す太陽は、少し少しずつ雪を溶かし、

土の中から出て来た小さな芽に花をつける。

岩手には、もうすぐ春が来ます。

私たちは、少しでも早く春を届けたい、

そう感じました。」

 

どうよ、これ? 泣けるよなあ。

咲良たんって、まだ15歳だよ。えらいなあ。

養子に欲しいよ。

でも、成長してボーイフレンド連れてきたらいやだな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ