ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.3.20 01:50ゴー宣道場

地下鉄サリンからヘイトスピーチへ


今日20日はオウム真理教の地下鉄サリン事件から

19年が経つ。

あの大騒動の最中、すでにオウムと裁判闘争に

入っていたわしは、尾行する得体のしれない連中の

気配を察知し、身の危険を感じ、

仕事場の引っ越しをしていた。

VXガスを武器に持つ暗殺団がわしの仕事場と

自宅で待ち伏せし、喫茶店ではすぐ真後ろまで

迫っていたが、ぎりぎりで逃れた。

尾行を巻くために街の中を歩き回るという経験は、

あのときが初めてで、以後はない。

 

警察は全然信じてくれず、この地下鉄サリン事件後に、

ようやくわしの引っ越し先を見つけて、あいさつに来た。

その後、一ヶ月くらいはパトロールが付くようになり、

毎日、郵便受けに「異常なし」の警察のメモが

入るようになった。

 

カルト化した連中への警戒感は、動物的カンで察知

しなければならない。

あの頃もオウムの異常な行動を「大したことない」と

言っていた連中が99.9%だった。

そして今、異常な極右カルト集団が、

「ヘイトスピーチ・テロ」を行っている。

「ヘイトスピーチ」はサリンやVXガスのようなもの。

被害者は「在日」に特定されているが、非常時には

虐殺にだってつながるのが「ヘイトスピーチ」である。

放っておくと大事件に発展するだろう。

 

 

413日(日曜)の「ゴー宣道場」は、

極右排外ナショナリズムの原因、心因を徹底分析!

今後の対策を議論する。

憎韓・嫌中ブームの反知性主義を斬る!

ゲストは萱野稔人氏(哲学者)、朴順梨氏(フリーライター)

である。

 

萱野稔人氏は、政治哲学の学者であり、津田塾大学の

学芸学部・国際関係学科教授である。

著書に『国家とはなにか』(以文社)

『新・現代思想抗議―ナショナリズムは悪なのか』

NMK出版新書)がある。

 

朴順梨氏は、在日3世だが、日本人と結婚して帰化した

から現在は日本人。

最近出た著書は『奥さまは愛国』

(河出書房・北原みのりとの共著)、

『韓国のホンネ』(竹書房新書・安田浩一との共著)

もある。

当日は『奥さまは愛国』の販売も行う。

 

第一部はネットで生中継するから、画面の中に

ネット右翼が襲来して、「ヘイトスピーチ」で妨害して

くるだろう。

その「ヘイトスピーチ」の様子を世界に発信するのだ!

それが今の日本の実態であり、そのネット右翼が

安倍首相の「コアな支持層」であるとな!

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ