ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.3.23 00:06ゴー宣道場

「ゴー宣道場」の意義確認

人は文章を書くのに時間がかかるらしい。
以前は「ゴー宣道場」の師範たちに何か書いてくれと
頼んでいたのだが、切通氏が半日かかることもあると
言うので、それじゃあ仕事の邪魔になるかと思い、
遠慮して頼まなくなった。
切通氏は論文みたいな長文を書くからだと思うのだが。

わしがこの「ゴー宣道場」のサイトには、
自分でブログを上げられるようになったから、
こちらには頻繁に書くことにした。
個人サイトの方は自力ではダメで、秘書に頼んで
上げてもらう。
AKB関連と、私事は個人サイトに書くことにしている。

わしは15分から20分程度で一本書けるから、
書斎にいるときは何度も上げられる。
気分転換で書けば、脳が活性化する。
だが外仕事のときは、もちろんブログは書けない。
そういうとき師範の誰かに上げてほしいのだが、
泉美さん以外誰も上げてくれなくなった。
人はどうしても誰か任せになる。

このホームページは「ゴー宣道場」を続けるために
やっている。
それは皇位継承問題が解決しないからだ。
天皇陛下の不安を軽減するために、「ゴー宣道場」は
続けている。
陛下の女系公認の御意志を叶えたいと願う国民が、
確かにここにいると示しておきたいからだ。

天皇陛下が皇位継承問題で悩んでおられることは
明白だ。
「この問題は次世代に任せたら?」と問うた近しい者に、
「そうはいかない」と答えられたというから、
ご自分の余命も考えると、気が気でないに違いない。

誰もが天皇を利用しようとだけ考え、
天皇に感謝しようとしない。
誰もが「私」だけで「公」がない。
尊皇なきナショナリズムは、「公」が欠落する。

皇位継承問題が片付いたら、「ゴー宣道場」は
終わらせて、わしの意見はすべて個人サイトに書く。
人前でしゃべりたいことがあれば、講演の話を受ける。
早くその日が来ればいいのだが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ