ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.3.26 14:15

オランダ人慰安婦の話


村山談話・河野談話に未来はあるか?

42回 東京新聞が報じた「元日本兵供述の資料」

の意味とは?(その2)

 

323日の東京新聞に載った慰安所に関する元日本兵の

供述資料によれば、インドネシア・バリ島の慰安所には、

2種類の慰安婦がいた。

 

  1 オランダ軍下士官の妻5

  2 現地人70人位

 

2の方は通常の方法で募集されたものと思われる。

問題は1である。

 

インドネシアは350年にわたってオランダが植民地統治

していたが、大東亜戦争緒戦の快進撃で、日本軍は

わずか9日間でオランダ軍を破った。

オランダ軍や駐在していたオランダ人15万人が捕虜と

なり、うち2万人が女性だった。

 

1943年半ばまでは女性たちの多くは抑留所外の居住を

許されていたが、働き手を失って貧困に陥った女性の

中には、民間の売春宿や風俗産業で働く者も

少なくなかった。

1994年のオランダ政府報告書によれば、白人女性が経営

する売春宿もあったし、マダムたちの中には、

日本軍幹部や民間人の妾になる者もいたという。

 

戦局が悪化してくると、オランダ人は女性も含め全員が

抑留所に入れられるが、生活環境は悪く、不満も出てくる。

そこに目をつけた軍担当者や慰安所の業者が、

好待遇を約束して慰安婦を集め、それに応じた

オランダ人女性もいた。

 

慰安所を管理していた軍政監部では、強制しないこと、

自由意思で応募したことを証明する本人のサイン付き

同意書を取るよう指示したが、中にはこれに違反して

「強制売春」になってしまったケースもあったと

みられる(後述)。

この資料に見えるオランダ軍下士官の妻5人が

自由意思だったのかどうかは不明である。

 

日本が敗れると、オランダ軍はインドネシアを

再植民地化しようと戻ってきた。

しかし日本軍は占領下でインドネシアの民族意識を育て、

現地軍を結成させており、

オランダ軍との間で独立戦争が勃発した。

 

そんな中で、バリ島で慰安婦となっていたオランダ人

5人はスラバヤに送り返されたが、供述によると、

到着と同時に現地人に殺害されたらしい。

インドネシアは4年後に独立を勝ち取ったが、

その陰にはこんな痛ましいことも起きていたわけである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ