ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.3.31 08:01

常識と情報の違い


働くお母さんから、このような便りも来てるので、

紹介しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

困った時、ネットで探さなくても市役所や区役所等の、

それぞれの地方自治体の役所に行けばけっこう相談に

のってくれると思うのですが。

こちらが真剣に問えば、職員さん達もそれなりに真剣に

考えてくれます。

こちらがアマイ考えでいると、やはり真剣には考えて

くれません。

真摯に子供を育てたい、何とかしたいと考えて相談

すれば本当にいろいろ教えていただけますよ。

私も3人の子供抱えて母子家庭だったり、再婚したけど

DVで相談したりと。

おかげさまで、なんとかやっています。

田舎の役所だからなのかもしれませんが。

先生もおっしゃっていますが、近所の人も時には鬱陶

しいですが、挨拶を交わしたり、世間話をしたり、

自治会の集まりや奉仕作業に参加したりしていると、

助けてくれる人がいるはずです。

近所の草むしり作業には、いつも子供を連れて行って

いました。

留守番させるのも不安だったので。

すると、子供をネタに話の輪に入りやすいし、

あちらも気遣ってくれます。

いろんな情報も教えてくれます。

人とつながるってこういう事ですよね。

と、いうよりこの事件の母親はどんな事情で、1歳にも

満たない子供を1日以上、自分の側から離せるのか

不思議でなりません。

まだ、自分で歩けないですよ。8ヶ月くらいだと。

食事も離乳食とミルク(母乳じゃないのかな?)を

併せてあげてるはずだし。ううん、ナゾ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福井県在住の女性だが、これが真っ当な庶民の常識です。

庶民は「常識」があり、「知恵」がある。

大衆はマスコミやネットで得た「情報」を信じてしまう。

最も恐ろしい「情報」はネットの中に氾濫している。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ