ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.10 02:39日々の出来事

小保方さんに振り回される人々?


今朝の新聞を見て驚いた。

週刊文春の広告に「安倍首相 東浩紀 小林よしのり

・・小保方さんに振り回される人々」と出ている。

ほげ?  どういうこと?

 

わしはこの件では取材を断っていた。

こういう科学は詳しくないし、勉強する気もないし、

単なる野次馬というか、半分冗談の中にちょっぴり

真実を混ぜて、面白いブログを書きたかっただけだ。

 

科学者が論文の不備をいくらあげつらい、雑誌が

小保方さんの人格中傷をいくらやっても、「科学者なら

STAP細胞は存在しないと断言できない」というのは

真実だろう?

 

だから、雑誌で意見述べるほどじゃないと遠慮して、

コメントを断っていたのに、ブログを引用されて

振り回される人々」になっている。

参ったなあ。

 

漫画なら、わしの顔を鼻の下を伸ばして描けるから、

ニュアンスが伝わると思うのだが、こういう場合には

文章だと、どうしても誤解される。

 

AKB48もそうだが、半分真面目だが、半分お遊びで、

AKBのゲームが面白くなるように、ブログを書いて

いるニュアンスが伝わらない。

 

週刊文春にわしが出るときは、NMB48渡辺美優紀や

小保方さんの話題で、要するに「小林よしのりは女に

すぐ騙される馬鹿な男」という印象操作をしたいらしい。

わしが皇室バッシング記事を徹底的に批判してるから、

その意趣返しかな?

どうせ悪く書かれるのなら、やっぱり取材を受けた方が

いいのかな?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ