ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.11 13:59日々の出来事

小保方さんに対する大衆のデタラメさに関心がある


小保方さんの報道に関して、わしはSTAP細胞の存否は
直接
これを実験した科学者にしかわからないと考える。

わしは「STAP細胞は断じてないから、小保方さんの

研究者生命を奪え!」とは絶対に言えない。

わしは「科学者ならば、この時点で「STAP細胞はない」と

断言できないはずだ」と考える。

だからテレビや雑誌で解説する学者の意見を聞いても、

影響されない。

わしが関心を持つのは、小保方さんの美人度であり、

実はそれ以上に、メディアの尋常ではないデタラメさに、

特段の関心を持って観察している。

 

「毎日、ゴー宣ネット道場のブログなど、小林先生のご意見を、

いろいろ考えながら、時に楽しく拝見しております」という

理系の大学を卒業した読者から、感想が来たのだが、

「今回の小保方さん騒動は突き詰めるに、各メディアが

小保方さんという美人の女性研究者に食い付いたが故のもの

だと思っています」と語っている。

 

一般人には美人ということしかわからないから、わしはわざと

鼻の下を伸ばして見せたのだが、その諧謔性がわからない者は

多い。

理系の読者はわしの考えが正しいと語っていて、

STAPに限らず、発表も含めた科学研究には失敗が付き物

なのです。むしろ失敗を積み重ねて初めて世に認められる

ような磨き上げられた研究成果になるのです。

論文一つだけで全て解決なわけが無いのです。」と言う。

 

STAP細胞に限らず研究室段階では、化学物質や特殊な

細胞を作るのは人間です。人にはそれぞれ癖があり、

持っている実験器具にも差があります。

ほんの少しの癖や器具の違いで結果が異なるということは

よくあることです。そういう癖や器具に差があっても、

再現できるという事実が積み重なって、初めて信頼される

ものになるのです。

たった一回の発表で、美人が発表したからって、簡単に

持ち上げる方がおかしいと思います。」

 

「論文の不備不正についてですが、確かに不備不正はいけない

ことです。ですが、不備はそれを補えばいいですし、不正は

謝罪した上で研究を重ねてそれを直せばいいのです。

不正を不正だと立証する研究結果を出して直せばいいのです。」

 

「不正があったとはいえ、STAP細胞ができたということは

事実であり、だからこそ未熟だったものの論文を書き、

発表したのです。」

 

わしは文系だが、この理系の読者の言うことは、よくわかる。

果たして小保方さんは詐欺師なのか?

それとも科学界の常識を打ち破るSTAP細胞を作製した偉大な

女性なのか?

最上級まで持ち上げて、最下級までこき下ろした大衆

(テレビ・雑誌・スポーツ新聞・ネット民)は、

来週の笹井博士の会見で、どう変わるのか?

いよいよ面白い見ものになってきた。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ