ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.12 11:14ゴー宣道場

嫌韓流の作者と安田浩一の対談を読んだ


ジーツーという雑誌で『マンガ嫌韓流』の山野車輪と

安田浩一の対談を読んだ。

在日特権があるかないか」という話になれば、

安田浩一に敵う者はいまい。

山野車輪は徹底的に論破されている。

在日特権はあるということにしておかねば、山野車輪

があの漫画を描いた意味もなくなるし、在特会が運動

する意味もなくなってしまう。

だから安田浩一氏の「在日特権などない」という主張

は、できるだけ普及させた方がいい。

 

この『嫌韓流』が出たとき、『戦争論』に似ていると

言われて不愉快でしょうがなかった。

似ているのはナショナリズム肯定だけで、テーマの

複雑さや意義はまったく違う。

ネットの中の嫌韓カルト言説を集めて漫画にするって、

作家性はどうなるんだ?

当時、わしは「週刊金曜日」のインタビューに応えて、

『嫌韓流』を批判した。

 

だが山野自身がわしの影響を受けたと言っている。

それなら言うが、『差別論』は読んだのだろうか?

影響を受けなかったのだろうか?

さらに『戦争論』のテーマは「個と公」であることが

読解できたのだろうか?

「戦争論」執筆時はまだ説明が未熟だが、342pに

国のために部落差別なんてあっちゃいけない」と

書いている。

わしは『差別論』の著者だから、在日差別だって

あっちゃいけないと考えるのは当然だ。

 

さて、明日の「ゴー宣道場」は、どんな展開になる

だろうか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ