ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.16 15:25

丸山大佐と水上少将


村山談話・河野談話に未来はあるか?

56回 米軍調査報告に見る慰安婦の実態(その7)

 

慰安婦問題にはあまり関連しないが「日本の軍人に

対する反応」という項も紹介しておきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

慰安婦と日本軍将兵との関係において、およそ重要な

人物としては、二人の名前が尋問から浮かび上がった

だけである。

それは、ミッチナ駐屯部隊指揮官の丸山大佐と、

増援部隊を率いて来た水上少将であった。

両者の性格は正反対であった。

前者は、冷酷かつ利己的な嫌悪すべき人物で、部下に

対してまったく思いやりがなかったが、

後者は、人格のすぐれた心のやさしい人物であり、

またりっぱな軍人で、彼のもとで仕事をする人たちに

対してこの上ない思いやりをもっていた。

大佐は慰安所の常連であったのに対し、

後者が慰安所にやって来たという話は聞かなかった。

ミッチナの陥落と同時に丸山大佐は脱出してしまった

ものと思われるが、水上将軍のほうは、部下を撤退

させることができなかったという理由から自決した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

丸山房安大佐は別の尋問報告書では

悪名高い丸山大佐」という項目まで作られている。

それによれば、大佐はその風采と、身の危険が生ずると

必ず蛸壺(待避壕)に潜り込む習癖から兵隊たちに

「谷わくどう」(谷間のひき蛙)と呼ばれていたという。

 

戦況悪化で部下の食事が米と塩だけだった時も自分専用

の鶏を飼い「なぜもっとたくさん卵を産まないのか」と

文句を言ったとか、

慰安所料金を値切り、慰安婦の取り分を60%から50%

切り下げたため慰安婦にも不人気だったとか、

戦死と伝えられたが、部下に荷物をいっぱい担がせ、

自分は手ぶらで歩いているのを目撃されたとか、

とにかく最低だ。

水上少将の自決を供述した捕虜は「丸山はもし窮地に

追い詰められたら切腹するだろうか」との質問に

「丸山が果たして切腹の作法を心得ているか

怪しいものだ」と嘲るように答えたという。

 

左翼は日本の軍人が全員「丸山大佐」だったかの

ように言い、自称保守は全員「水上少将」だった

かのように言う。

もっとも、水上少将のような日本人は戦争でみんな

死んでしまい、戦後の日本人はみんな「丸山大佐」の

子孫じゃないかとも思えてくるが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ