ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.17 15:20

慰安婦に結婚を申し入れる日本兵は多かった


村山談話・河野談話に未来はあるか?

57回 米軍調査報告に見る慰安婦の実態(その8)

 

さらに慰安婦と日本軍将兵との関係性について書かれた

「兵士たちの反応」という項目を、解説をはさみながら

見ていこう。

・・・・・・・・・・・・・・

慰安婦の一人によれば、平均的な日本軍人は「慰安所」

にいるところを見られるのをきまり悪がり、

彼女が言うには、「慰安所が大入り満員で、並んで順番を

待たなければならない場合には、たいてい恥ずかしがる」

そうである。

しかし、結婚申し込みの事例はたくさんあり、

実際に結婚が成立した例もいくつかあった。

・・・・・・・・・・・・・・

慰安所や、順番待ちの列にいるところを見られるのを

恥ずかしがるというのは、そりゃそうだろう。

だがやはり驚くのは「結婚申し込みの事例はたくさんあり、

実際に結婚が成立した例もいくつかあった」という事実

であろう。

慰安婦は「性奴隷」どころか、日本兵より大金を稼ぎ、

人間関係としては日本兵と対等であり、恋愛もすれば、

結婚もする。

 

花魁と恋仲になり、見受けをして夫婦になったといった話は

江戸時代の遊廓にもよくあった話であり、

日本の文化においては、性を売る女性の存在は必ずしも

蔑視されてはいなかったのである。

・・・・・・・・・・・・・・

すべての慰安婦の一致した意見では、彼女たちのところへ

やって来る将校と兵士のなかで最も始末が悪いのは、

酒に酔っていて、しかも、翌日戦線に向かうことになって

いる連中であった。

しかし、同様に彼女たちが口を揃えて言うには、

日本の軍人は、たとえどんなに酔っていても、彼女たちを

相手にして軍事にかかわる事柄や秘密について話すことは

決してなかった。

慰安婦たちが何か軍事上の事柄についての話を初めても、

将校も下士官も兵士もしゃべろうとしないどころか、

「そのような、女にふさわしくないことを話題にするな」

といつも叱ったし、そのような事柄については丸山大佐

でさえ、酒に酔っているときでも決して話さなかった。

・・・・・・・・・・・・・・

これもなかなか味わい深い記述である。

明日戦線に向かう、今夜限りの命かもしれないと思って

酒に酔っている将兵が荒れるのも責められないが、

「始末に悪い」というのも正直な感想だろう。

軍機については「丸山大佐でさえ」口が堅かった、

というのも面白い。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ