ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.20 08:15

『花子とアン」で左翼もネトウヨも勉強しろ

NHK朝ドラの『花子とアン』が、吉高由里子が登場して
突然面白くなった。
最初のうちは「おしん」みたいで貧乏くさくていやだなあ
と思っていたのだが、吉高が明るくて楽しくなってきた。
ハリセンボンの春菜がすごく可笑しい。
来週は仲間由紀恵が出るようで益々楽しみだ。

しかしこのドラマを見れば、明治後期に日本がどれほど
貧しかったかがわかる。
家族のために少女が「身売り」するのは
普通にあったことだ。
大地主に小作農の娘が奉公に行ったり、あるいは
周旋業者に売られて遊郭に行ったり、
そういうことは誰が悪いからということではない。
まだまだ日本が豊かな国ではなく、地方に行けば
どん底の貧困だったからだ。
その貧しさは昭和になっても続いていたから
226事件で青年将校が決起した。

朝鮮になると、日本よりもっと貧しかった。
朝鮮でも家族が娘を周旋業者に「身売り」するのは、
珍しいことではない。
周旋業者が「慰安婦」を日本軍相手に商売させるのは、
民間人相手よりも高額で、衛生面の管理が行き届いて
いたからだ。

左翼は、少しは勉強したらどうなんだ?
「反知性主義」から脱しなければ、
排外主義のネット右翼とまったく同じだ。

さらに言うが、北原みのりはAKB48のファンを
「ロリコン」と非難しているが、かつて日本では
16歳で結婚も普通だったことが「花子とアン」で
描かれている。
いや、わしの子供の頃までは、女は20代前半で
結婚するのが普通だった。
「ロリコン」という言葉は、80年代に「マザコン」と
共に流行った言葉で、意味がない流行語なのだ。

どうしても勉強したくない、歴史を学びたくないと
言うのなら、左翼は「花子とアン」くらい見てみたら
どうなんだ?
ネット右翼も、このドラマを見て、情緒を学んだら
どうなんだ?
身売りされた女性に向かって、「売春婦」という言葉を
ヘイトスピーチとして使えるか?
右も左も、本当に知性がない獣ばかりで情けない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ