ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.22 12:30

東京新聞、ヘイトスピーチの源流は、わしだった


今朝の東京新聞にわしの顔写真が出ていた。

ヘイトスピーチの源流を探る」という記事だが、

読んでみると記者は結局、源流は『戦争論』と言いたい

ようだ。

関西でヘイトスピーチデモを主催する「現代撫子倶楽部」

代表も「『戦争論』三部作を全部読み、影響を受けた」と

話し、関東を中心にヘイトスピーチデモの常連で活動する

極右バンドのボーカルも、『戦争論』を「感動して読んだ

と証言する。

 

そしてわしのインタビューとなり、

「ヘイトスピーチは日本の伝統に反する」云々と批判を

引き出すのだが、結局記者の意見として

とはいえ、小林氏の責任は大きい」と断罪してしまう。

 

朝日新聞だったら、ここまで露骨な、記者の主観的断罪

を書かないだろう。

この記者は自覚的な左翼である。

そもそも日韓ワールドカップの韓国の悪行や、竹島に

上陸した李明博大統領の悪行には一行も触れない。

韓国の「反日」政策が日本の右派に及ぼした影響を

完全無視して、日本国内の右派論壇にだけ罪を
着せている。

 

さらに確かに『戦争論』はナショナリズムを復活させたが、

そのナショナリズムを強引に封印していた東京新聞の

自虐史観こそが、排外主義の源流になるはずなのに、

そこは完全無視だ。

 

萱野稔人氏のナショナリズムに関する論考を読んでみたら

どうか?

未だに左翼の記者がナショナリズムそのものを悪と

信じ込んでるようでは、排外主義にもヘイトスピーチにも

有効な言論は作れないだろう。

せめて「ゴー宣道場」の動画を見てみたらどうか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ