ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.26 06:56

オバマにしてやられた安倍


オバマを国賓待遇で迎えての日米会談は何か国益を

得たのだろうか?

 

寿司屋の前で「シンゾウ」と呼ばれて、

「これでロン・ヤス関係と同じか?」と喜んだのも

束の間、安倍首相は、寿司を食いながら仕事の話

しかしないオバマについて愚痴を言っている。

 

呆れるのは、店名まで指名して予約を取った寿司屋

なのに、オバマは寿司の半分は残してしまった。

それで「人生で一番美味い寿司だった」とテキトー

な嘘をついてるうのだからふざけた野郎だ。

ハワイで食った寿司は、どうせカルフォルニアロール

とか熱帯魚の寿司だろう。

日本の寿司の美味さがわかるわきゃない。

 

さらに翌日の記者会見で、安倍が「バラクがぁ・・

バラクと私がぁ・・」と、親密さを装って、

ファーストネームで話してるのに、オバマは

安倍首相」としか言わない。

 

さらにオバマが尖閣を日米安保の適用範囲だと明言

したことだけで満足し、TPP交渉では尖閣安保を

人質に脅され、「大胆な措置をとる」という新たな

文章を加えられて基本合意させられてしまった。

日本が譲るしかなくなったということだ。

 

その上、オバマは韓国で「従軍慰安婦問題は

おぞましく、ひどい人権侵害だ。安倍晋三首相と

日本国民は過去について、より正直に、公正に理解

しなければならないことを認識しているだろう」と

初めて慰安婦問題は日本の悪と明言した。

 

日本が得たのは尖閣を守るという根拠なき明言だけ。

しかも尖閣が日本の「施政下にある」とは言ったが、

領土」という言葉は使わなかった。

TPPと歴史問題は、日本の損失になった。

自称保守&ネット右翼は、これでよく安倍マンセー

を続けられるものだ。平和ボケだな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ