ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.27 13:53

日本を「性奴隷」国家にしたのは誰か?


村山談話・河野談話に未来はあるか?

62回 日本を「性奴隷」国家にした男、

弁護士戸塚悦朗

 

1992年(平成4)の宮沢首相(当時)の日韓首脳会談

における謝罪によって爆発した慰安婦問題は、当初は

あくまでも日韓問題だと考えられていた。

というより、今でもこれは日韓問題だと認識している

者が自称保守言論人やネトウヨはもとより、

政治家の中にも多い。

実際には慰安婦問題はとっくに日韓問題を離れている。

だからこそ米国議会が対日非難決議を採択するといった

事態も起きているのだが、それでも自称保守派は

「韓国のロビー活動のせいだ」と、頑なに日韓問題のみ

に矮小化して見ている。

そんな甘い状況認識で安直に「河野談話の見直し」

なんて言うから、事態はひたすら悪化の一途をたどる

ことになってしまうのだ。

 

今や慰安婦問題は、全国際社会の対日観に関わる問題に

なってしまっている。

国際社会に、日本とは「性奴隷」制度を持っていた国

だという認識が定着してしまっているのである。

なぜそんなことになったかというと、「性奴隷」という

言葉を発明し、国連で何年にもわたってロビー活動を

繰り返し、その認識を定着させた人物がいたからである。

暗澹たる気分になるが、例によって、それは日本人だった。

 

弁護士・戸塚悦朗、ほとんどこの男ひとりの働きに

よって、日本は「性奴隷」国家にされてしまったのである。

戸塚はスモン訴訟原告代理人などを経て、1984年(昭和59

以降、国連人権NGO代表として活動していた。

そして、朝鮮人元慰安婦・金学順が名乗りを挙げ、

慰安婦訴訟が開始され、吉見義明の「軍の関与」資料の

「発掘」があり、宮沢首相が謝罪するという一連の動きを

見て、戸塚は思った。

「日本の象徴的な重大人権問題を国際的人権擁護の

政治的手続きを使って提起すること」こそが、

この分野でボランティア活動に携わる自分の責任

であるという使命感に取りつかれてしまったのだ。

そして戸塚は、宮沢の謝罪からわずか1ヶ月後の

19922月、国連人権委員会で慰安婦を「人道の罪」

と位置づけ、国連の介入を求める発言をしたのだった。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ