ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.5.8 13:24

クマラスワミ報告書の唯一の参考文献


村山談話・河野談話に未来はあるか?

67回 クマラスワミ報告書の唯一の参考文献

 

「クマラスワミ報告書」は、現代史家の秦郁彦の評に

よれば「欧米における一流大学の学生レポートなら、

落第点をつけざるをえないレベルのお粗末な作品」だ

という。

大学教授として学生レポートを採点した経験のある

秦によれば、教官がレポートの採点をする際には、

まず末尾の脚注を点検するという。

引用文献の数、参照した文献の質、必須文献で漏れた

ものはないか、本当に読んだのか疑わしいときは

抜きとってチェックする、という手順を踏み、

その段階で重大な手落ちが見つかれば、

内容も読まずに「E」(落第点)をつける教授も

いるそうだ。

それでクマラスワミ報告書の脚注を見ると、

事実関係に関わる部分の参考文献はたった1冊しか

なかった。

この報告書の唯一の参考文献は、

ジョージ・ヒックスというオーストラリア人

ジャーナリストが書いた『The Comfort Woman』と

いう本で、これがとにかくひどいものだったのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ