ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.5.9 10:33

クマラスワミ報告書のネタ本の正体


村山談話・河野談話に未来はあるか?

68回 クマラスワミ報告書のネタ本の正体

 

日本を「性奴隷」を持った国だと国連で認定した

「クマラスワミ報告書」の唯一の参考文献である、

オーストラリア人ジャーナリスト、

ジョージ・ヒックスの『The Comfort Woman』とは

いったいどういう本なのか?

タイトルの「Comfort Woman」とは、「慰安婦」の

直訳であり、当時はこの語が「慰安婦」の訳語

として広く使われていた。

今ではすっかり「Sex Slave」(性奴隷)に取って

代わられたようだが。

 

この本は、『性の奴隷 従軍慰安婦』というタイトル

で邦訳も出版されている。ただし誤訳が多いらしい。

著者のヒックスは、香港在住で元は経済学者だった

というが、歴史研究の訓練を一切受けていないのは

明らかだ。

何しろ、こんなことを平気で書いている。

「歴史資料によっては真相を知ることが期待できない

一方で、1930?40年代の日本を支配した

軍国主義政権が誘拐や奴隷狩りなどの残虐行為を

実行した事実を疑う余地はない」

資料がなくても疑う余地はないとは、

マトモなジャーナリストの書くことではない。

 

しかもヒックスは、日本語も韓国語もできない。

つまり、第1次資料のほとんどを読めないのだ。

それでどうやって情報を集めたのかというと、

旧友である東大教授高橋彰に在日韓国人女性

リ・ユミを紹介してもらい、彼女が日本の

活動家サークルから集めた資料を

(たぶん英訳もして)送ってもらったという。

そうして集めた情報が、この本の80%を占めて

いるとヒックスは自分で書いている。

何のことはない。

クマラスワミが参考にした元の本は、日本の

左翼活動家グループの資料だったのだ!

クマラスワミも、日本語も韓国語もできない。

そして彼女が報告書を書いた時点で、慰安婦に

関する英文の本はこれしかなかった。

それで、日本の左翼活動家の資料がそのまま

国連の報告書に載ってしまったのだ。

 

1997131日、慰安婦問題がテーマの

『朝まで生テレビ』でわしらに対して

「これだけの狂信者の前で話せて光栄だなあ!」

などと暴言を吐きまくったデーブ・スペクターが、

「慰安婦問題はこれ1冊で決まりですよ!」

と自信満々で示したのも、この本だった。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ