ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.5.10 10:44日々の出来事

積極的面白主義


『大東亜論』のコンテを担当氏に渡したが、やはり好評。

40年間、漫画を描いてきて、自分の漫画への猜疑心が

徹底的に身についてしまっていて、自分で描いて面白い

と思っても、自己満足じゃないかと疑うし、スタッフが

面白いと言っても、身びいきじゃないかと疑うし、

担当氏が喜んだら少し安心して、結局、自信を持つのは

単行本が売れたときだけだ。

 

だが作者としてはコンテを描いた時点で自信を持てなけ

れば、続きを描き進める勢いやノリが出ない。

今は早く続きを描きたいという「積極的面白主義」に

嵌っている状態で、「積極的平和主義」は本心を誤魔化す

危険な造語だけど、「積極的面白主義」はわし個人の

やる気満々の意欲に過ぎないので、これは間違いなく

人々に満足と幸福を与える正しい主義だ。

 

大阪での講演のテープ起こしの修正の件、時浦くんが

今日からやってくれることになった。

読者諸君が背中を押してくれたおかげだ。

尊皇心とはなにか?」というタイトルで、「男系しか

認めてなるか」と天皇陛下のご真意を慮ることもしない

連中の欺瞞を徹底的に抉っているし、天皇とは何か、

尊皇心とは何かを語るなかなか面白い内容だと思う。

これって読者が読む方法があるのだろうか?

秘書みなぼんは確認してほしい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ