ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.5.14 12:31

クマラスワミ報告書は「妄想残酷物語」である


村山談話・河野談話に未来はあるか?

70回 クマラスワミ報告書は「妄想残酷物語」である

 

クマラスワミ報告書が採用している参考文献は、日本の

左翼活動家の資料をまる写しにしたジョージ・ヒックスの

1冊だけ。

他に依拠しているのは、吉田清治証言と、元慰安婦の証言

だけである。

クマラスワミが証言の聞き取りを行なった元慰安婦は、

ピョンヤンで4人、ソウルで11人、東京で在日1人の

16人で、報告書にはこのうち4例が引用されている。

しかしその証言は例によっておかしなものだらけだ。

 

特に凄いのは、北朝鮮の元慰安婦、チョン・オクスン

証言である。

その証言によると、チョンは13歳の時に一人の日本兵に

拉致されてトラックで警察署に連行され、

数人の警官に強姦され、そのとき警察署長に左目を殴られ

失明したそうだ。

 

その後、日本軍兵舎に連れて行かれたが、そこには400

の若い朝鮮人女性が、5000人の日本兵に性奴隷として

サービスを強要されていたそうだ。

 

おいおい、そもそも兵舎の中に慰安所なんか作れるわけが

ないし、普通、慰安所は兵隊が外出して行く場所だ。

400人もの慰安婦を収容する慰安所って、何軒必要なんだ?

そんなどえらい規模の慰安所なんかあるわきゃない。

普通はひとつの慰安所に多くて30人くらいのはずだ。

 

日本兵5000人に対して、慰安婦400人???

ニクイチ=29人に1人で計算されて、慰安婦が20万人も

いたという誇大な数字をプロパガンダされているが、

今度は12.5人に1人で計算されるのか?

 

しかも、チョン・オクスンの話では、ここでは毎日、

1人が40人に犯されていたという。

計算するのもバカバカしいのだが、この証言通りなら、

ここに駐留していたという5000人の日本兵は、毎日毎日

1人当たり3.2回の性交をしていたということになる。

 

それで、一緒にいた朝鮮人少女が、なぜ140人もの

相手をしなければならないのかと苦情を言うと、

中隊長がリンチを命じ、皆が見ている中、衣服をはぎ、

手足を縛り、釘の出ている板の上に転がし、最後に首を

切り落としたという。

そして中隊長は、「こいつら朝鮮人女は空腹でわめいて

いるから、この人肉を茹でて食べさせてやれ」と命じた

と、チョンの証言はエスカレートするのだ。

 

さらには、性病にかかった女性は陰部に熱い鉄の棒を

突き刺されただの、数名の少女が水と蛇でいっぱいに

なったプールに突き落とされ、土を入れられて生き埋め

にされただの、逃亡に失敗した者は拷問を受け、

唇の内側、胸、腹などに入れ墨をされただの…

こうして400人の少女のうち半数以上が殺され、

チョンは5年後に逃亡して生き延びたが、

不妊と言語障害に苦しんだ…などと、妄想は果てしなく

膨張していく。

 

クマラスワミ報告書はこの証言を何の検証もせず、

完全に事実としての扱いで、2ページも使って長々と

引用していたのだ。

「妄想残酷物語」、それがクマラスワミ報告書である。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ