ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.5.14 12:50日々の出来事

巴里で見るもの、考えること


巴里で見るもの、考えること

 

明日から巴里なのでブログが上げられるかどうかわからない。

毎日の時事的な話題に反応するのはまず無理だ。

 

以前はヨーロッパのあちこちに行ったから、今回はパリに

ずっと留まって散策するつもり。

ルーブル美術館は一日じゃ無理だから、何回か行きたいし、

圧倒的な数の絵画を見ていると、いろんな発想が浮かぶので、

また刺激を受けにいくつもりだ。

 

日本はイギリスに似ていると言うが、イギリスは食文化が

貧しい。

食に対する美意識や繊細さにおいては、日本に比肩しうるのは

フランスしかないし、この二国が最高峰だろう。

フランス革命が本当に伝統を断ち切ったと言えるのか、

それならなぜ文化の豊潤さがイギリスよりフランスの方が

上なのか、その辺も考えたい。

 

エドマンド・バークのフランス革命の省察も読んだが、

あの革命はイギリスとの貿易競争に負けて、困窮が著しく

なった民衆と農民の蜂起が決定打になった。

幕末の不平等条約からの明治維新とも近似するし、

TPPで貧困層が拡大する将来の日本かもしれない。

 

人権宣言は、日本の憲法も「基本的人権の尊重」として影響を

受けている。

中江兆民は第三共和制が成立した直後にフランスに留学して

ルソーの影響を受けたが、なぜ共和制の支持者にはならな

かったのか?

だからこそ頭山満とは生涯の友でいられたのだろうが、今後

『大東亜論』を描く上で中江兆民の思想も押さえておかねば

ならない。

等々、読書と思索のため、わしは巴里に行く。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ