ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.5.19 18:21日々の出来事

巴里の街並みから考えること


巴里の街並みは石造りの建物に挟まれている。
高層ビルは街の中心にはない。
そこが日本に比べて立派だ。
常に日本と比較してしまうが、良い意味での
個人主義はどうしてもフランス人に感じてしまう。

自由、平等、博愛と言っても、平等をさっぱり感じなくて、
日本の方が平等への強迫観念が強い。
日本のネット世間があれほど平等な匿名集団に
なるのは、世界でも珍しいのではないか?

それは個人として認めてもらえない連中の
匿名村であって、自分の名と、自分の顔と容姿と、
自分のキャリアでは、誰にも信用してもらえない
連中にとっての楽園に過ぎない。

あれが個人の集合知となるという考えは、
やはり全然同意できない。

お互いの顔を見ただけで、話す気にならない、
喋り方を知っただけで、付き合いたくない、
付き合うと、ネットに書き込む文章とは明らかに違う
人格が現れ、殺人にだって発展しかねない者たちが、
ネットの中では平等になって、誰かを攻撃し、
誰かに傷つけられ、誰かとつるんで暴走している。

あのネットの匿名村は、
やはり過去の日本のムラ社会の反映なのだ。

おフランスかぶれを承知であえて言うが、
フランス人に感じるのは、自由と個人だ。

若者の服装と、老人の振る舞いを見ていて、
日本人とは全然違うものを感じる。
歴史が影響してるのだろうから、
本当は思いきり勉強したい。

街の建物はローマ帝国からの影響を継続していて、
オペラ座や、ヴァンドーム広場のナポレオンの像や、
凱旋門や、ジャンヌダルクの像や、
シテ島のノートルダム寺院などを見てると、
幾層にも埋め込まれたドラマティックな歴史の
残像をいやでも感じてしまう。

ヨーロッパの歴史として、勉強したいものだ。
だが日本に帰れば、日々の仕事に追われるだけだ。
そもそも日本の歴史すら、謎だらけなのだ。

巴里に来て、これを描いたら画期的だなと思う
本のアイデアが浮かんだが、
作業がついていかないので、形になるのは
いつのことかわからない。

 巴里の街並み

 
巴里の街並み

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ