ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.5.23 22:11

帰国便の機内で「小さいおうち」を見た


帰国したが、機内で一睡もできなかったのに、

昨夜も5時間で目が覚めたので、これから

時差の調節をしなければならない。

国内の情報も隙間を埋めなければならない。

 

笹さんのブログ「ぬるま湯のカエル」には感心した。

わしもまったく同じ感覚を持っている。

笹さんがここまで歴史を俯瞰して考えているとはなあ。

帰国の機内で映画『小さいおうち』(山田洋次監督)

を見たのだが、実に上手い視点で描かれていて

面白かった。

笹さんにもぜひ見てほしい。

 

満州事変、支那事変が始まっている昭和初期の日本は、

東京の一般家庭で女中を雇えるほど豊かで、

平和な暮らしを続けていた。

東京はまるで今の日本のように、事態の深刻さに

まるで気付いていないし、

東京オリンピックの開催が期待されていて、

穏やかで明るい。

日米開戦以降に景気が悪くなって、その時はもう

取り返しがつかない事態になるのだが、それでも

不倫が行われるような日常は続いている。

 

現代の若者が左翼の「十五年戦争史観」でその時代を

見ると、日本はもっと暗い時代でなければならず、

元女中のタキの回顧録が奇妙に感じられる。

 

左翼と思っていた山田洋次が、ナショナリストの

視点を皮肉るのではなく、左翼の視点を皮肉る形で、

控え目な反戦映画を作っているのが面白い。

だが、こういう勇ましさのない映画が、

あまり話題にならないのが、

すでに歴史が繰り返している予兆なのかもしれない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ