ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.5.26 04:00

中国は安倍首相を応援しているのか?


中国軍機が自衛隊機に30mの異常接近をした事件は、

度外れた危険な行動だ。

マッハで飛んでる戦闘機が接近するのは一瞬であって、

敵意があったら避けることも難しいだろう。

しかも中国機にはミサイルを積んでいたのだから、

戦闘行為だと見ることもできる。

これは戦争を仕掛けていると見てもいいくらいだ。

 

奇妙なことだが、この事件はまるで、日本の

集団的自衛権容認」を応援しているように見えることだ。

集団的自衛権行使はひとえに「中国の軍事的脅威」が

原因なのだから、その脅威を肯定するような行動を

中国がとることが奇妙すぎる。

中国は「日本はもっとアメリカと一体に

なってね!」と応援してるのか?

 

イラク戦争の支持を小泉首相(当時)が表明したときも、

「北朝鮮の脅威」が動機になっていて、

わしが「朝まで生テレビ」で反対の論陣を張った朝に、

読売新聞が「北朝鮮がすでに原爆6発所有」みたいな

報道を一面で書いていた。

読売新聞は「日本の米国属国化」を応援する新聞で、

そのための世論操作や世論調査の作為をいつもやる。

不思議なことに北朝鮮や中国なども、「日本の米国属国化

を支援する行動をいつもやるのだ。

我々、自主独立派の日本人は、

この罠に嵌っては絶対にいけない!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ