ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2014.5.28 06:56皇統問題

八木秀次「旧皇族はもう一つの皇統」という妄言

慶事である典子女王殿下の
ご婚約のニュースですが、
皇統男系固執派は内心
「やばい!」と思ったことでしょう。
 
なぜなら、何も手を打たなければ、
確実に皇族が減少していくことが
はっきりと見えてしまったわけですから。
 
そんな焦りがにじんでいるのが
今日(5.28)の産経新聞記事
『現実味帯びる皇族方の減少
 「女性宮家」くすぶる議論』
です。
この期に及んで、皇統存続の唯一の手段である
女性宮家創設を「くすぶる議論」として、
この議論を「火消し」したがっているのだから
あきれ果てます。
 
産経新聞・男系固執派こそが
皇統を消滅させようと
しているのです!
 
さらに、記事中の麗澤大教授・八木秀次
のイカレ狂いぶりには、言葉を失いました。
八木はまず、こう言うのです。
 
「昭和22年に皇籍離脱した
旧皇族の男性による宮家の創設が、
男系による皇位継承の原理にかなう」
 
はあ!?
「昭和22年に皇籍離脱した旧皇族の男性」
って、もう全員69歳以上ですよ!!
 
皇籍離脱して67年も経ち、
人生のほとんどを一般国民として過ごした
老人たちを今さら皇族に戻して、
何がどうなるっての!?
 
さらに八木はこんなとんでもない
ことまで言ってのけます!
 
「旧皇族はもう一つの皇統。
そのことへの国民の理解も進んできたのでは」
 
「もう一つの皇統」って何だ!?
八木は皇統が二つも三つもあるとでも
思っているのか!?
 
じゃあ八木はその「旧皇族」のじいさん連れてきて、
このお方こそもうひとつの皇統だと主張して、
国民の理解が得られるかどうかやってみなさいよ!
 
ここまで皇室の権威を
軽んじるようなことを
平然と言ってのけて、
不敬とも何とも思わないんだから、
この人の頭の悪さは
本当に度を超えています。
 
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ