ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2014.6.6 06:22新刊情報

読めば勇気が湧いてくる『大東亜論』感想紹介!

『大東亜論 巨傑誕生篇(小学館)
読者カードで寄せられた感想から
一部ご紹介します!


久しぶりに骨太の本を読みました。
明治は政治家も玄洋社も大物が多い!
自分の小粒さを痛感しました。
自分の家族、生活、健康のみが大切で、
日本のためにあそこまで
命を懸けれません。
しかしなぜか勇気が出てきました。
ありがとうございました。
 (熊本県 S48生・男 医師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めは軽い感じで読んでましたが
最後になるにつれて、引き込まれました。
来島の行動には、すごいとしか思えなかった。
感動しました。色々な言葉が胸に焼き付いた。
 (東京都 S49生・男 自由業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「爽快感と満足感」
一人でいて寂しくない人間になれ。
とかく徒党を組んで等、
恥を知らない風潮の中で、
これを実践するには現代において
かなりのエネルギーを要する。
筆者のご苦労と強さ(当然先哲方は)に敬意。
後に続き、必ずや再興を期す。
 (石川県 S55生・男 会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すさまじい!気の小さい私など
足元に及ばない。(中村)天風の本を読み、
頭山満の事を知りたいと思っていた。
他にも明治は大人物が多かった。
私は頭山満のようになりたい。
胆力を極めている。
それと今の社会に対しての考え方は、
小林よしのり様と同じだ。
最高の本を読めた。ありがたい!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本物の愛国心とは何か、
日本の伝統とは何かが
わかりにくくなっている昨今、
力強い光輝を放つ傑作です。
特に、来島恒喜を巡る第15~18章は
実に感動的で、強い感銘を受けました。
続編を大変楽しみにさせて頂きます。
知人・家族にも口コミで広めようと思います。
 (東京都 S53生・男 会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『大東亜論』という題名を見た時から、
心わくわくさせて、1ページ目(1章)を
読み始めた時から、「読み終わるまで
止まらんな」と思いました。
予想通り一気に読み終えた感想は
「すばらしい本を有難う」という気持ちでした。
日本男子の本懐を表してくれた本であると共に、
物語として読み手をぐいぐいと引き込む
小林先生の「魂」が見事に集結された一冊でした。
(八章の同志2人がかついでる海亀がかわいいです)
 (愛知県 S44生・男 警備員)


本物の日本人たちの物語、
読めば勇気が湧いてくる、
今こそ必読の一冊です!

続編『大東亜論 血風士魂篇
SAPIOにて連載中!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ