ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.6.17 10:14

右翼、左翼、保守の分類


今日、そもそも総研の玉川氏がやって来たが、

自分まで左翼と言われることがあって心外だが、

そもそも右翼とか左翼って何ですか?」と聞かれた。

 

マルクス主義による革命が幻想と化して、

最近では反戦平和で護憲派が「左翼」で、

戦争もあり得べしの改憲派が「右翼」という分類に

なってしまった。

この感覚はわしの『戦争論』で「うす甘いサヨク」

などの言葉で、反戦平和的な言説を無化してしまった

ことにも原因があるかもしれない。

 

だがあのとき、「保守」という概念の必要性を失念

していた。

「保守」という概念も定義があやふやで、産経新聞の

論壇は全然わかってないし、ネット右翼あたりは

考えたこともないだろう。

自民党が「保守」と思ってる馬鹿がいるくらいだから。

 

玉川氏に聞かれてから説明に苦慮し、数時間後、

わかりやすい説明方法が思いついたから、

幻冬舎で出すスペシャル本で描こうと思う。

 

取材を受けて質問に答えたりしているときに、

アイデアを思いつくこともある。

そういうときは収穫だったと思う。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ