ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2014.6.20 09:24

憲法解釈、舌の根の乾かないうちに

安全保障法制整備を巡る与党協議の場で、自民党からにわかに
集団安全保障」への参加容認の話が飛び出した。

これは公明党ならずともビックリ。

何故なら元々、集団安全保障への参加については、
安倍首相自身が安保法制懇の報告書を受け取った
5月15日の記者
会見で、「政府の基本的方向性」として、
次のように述べていたからだ。

これまでの政府の憲法解釈とは論理的に整合しない。
私は憲法がこうした活動の全てを許しているとは考えません」と。

集団安全保障への参加を明確に否定していたのだ。

それから僅か1ヶ月余り。

それこそ、「舌の根の乾かないうちに」真逆の憲法解釈が
自民党から示されるとは。

一体、どうしたことか?

公明党が予想外に弱腰なので、踏み込めるだけ踏み込もうと、
方針を転換したのか。

それとも一旦、集団安全保障をブチ上げて公明党を驚かせ、
それを“譲歩”
して取り下げることで、
落とし所の集団的自衛権の行使容認への同意を、
確実に取り付けようとしているのか。

いずれにしても、立憲主義の基礎となる憲法解釈の連続性、
整合性に対する配慮が、
見るも無惨に失われようようとしているのは、
確か。

ならば、今、語られている歯止めだの、制限だのが、
何の役にも立つはずがあるまい。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ