ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.6.21 03:58

安倍政権、河野談話の継承を決定!


産経新聞の狂いっぷりがすごい!

大見出しに「強制連行は事実」河野氏独断

には大笑いした。

 

河野談話の見直しをする、新たな安倍談話を出す」と

言って政権についた安倍晋三が「河野談話の見直しはしない、

今まで通り継承する」と言ってるんだから、

責められるべきは安倍晋三だ。

 

だが安倍の晋ちゃんだけは責めたくない。

だからコアな安倍支持層の怒りを全部、河野洋平に

向けてしまえという算段だ。

ならば河野洋平の参考人招致をすればいい。

できるもんならやってみろ!

 

韓国がもっと日本に敵対して、アメリカが激怒する。

全世界が日本の敵に回るから、ぜひやってほしい。

集団的自衛権でアメリカに抱きつけと言っておいて、

アメリカ認定の「性奴隷」に反発する勇気があるのか?

中国が恐いから、アメリカに守ってもらいたいという

悲願を放棄できるなら、河野洋平を国会に招致しろ!

 

できもしないことを公約した安倍晋三の責任を

なぜ問わないのか?

本来、産経新聞が書くべき見出しはこうだろう。

「安倍政権、河野談話の継承を決定」

「談話見直さずは保守派への裏切り」

「何のための検証か 河野談話は日韓の合作だった」

「慰安婦の証言は河野談話に関係なし まず謝罪ありき」

「河野談話のすり合せは日本が要求」

「すり合わせ交渉は秘密と日本政府が提案」

「なのに交渉過程をばらした安倍政権は外交の信頼性を

失う」

「安倍首相、米国の顔色見て談話継承」

産経ポチ保守くん、ネット右翼くん、苦しいのう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ