ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.6.24 04:50

女性蔑視議員への非難は魔女狩りか?


鈴木章浩都議への批判は、全国規模、世界規模になって

いて、哀れだなとも思う。

だが同情はしない。

反省してないし、政治家のくせに何が問題なのか

わかってないからだ。

女性に対するあのような蔑視感覚は、もはや単なる

フェミニズムやヒューマニズムの観点から見た悪という

だけではない。

ナショナリズムの観点から見て、

男尊女卑は「国賊」なのである!

 

この事件を「セクハラ野次魔女狩り騒動」などと言い、

「女を軽口で野次って男がこれだけなぶりものにされる」

と文句を言っている馬鹿がいるらしい。

だったら、他にもいる鈴木議員の同調者に、

隠れてないで堂々と顔と名前を出して主張しろと言え!

 

魔女狩りの「魔女」は、実は善良な女性に過ぎなかった

のであり、「冤罪」である。

今回の事件は「冤罪」ではない。

国家の永続を妨害する売国の所業である。

魔女狩りではなく、「エセ・マッチョ狩り」なのだ!

 

好戦的なタカ派発言をする者が、真の勇敢さを持つ

「マッチョ」とは限らない。

尖閣に上陸しさえすれば、愛国者とも限らない。

自称保守の連中すべてに対するわしの違和感は、

群れなきゃ何も言えない卑怯な性質にある。

しょせん集団性に個を埋没した、愛国を気どる野蛮人

どもが、保守とか愛国者を自称している。

エセ・マッチョ狩り」はガンガンやればいい。

 

わしが『大東亜論』を描くのは、「一人でいて寂しくない

人間になれ」という頭山満の精神を若者に教えるためだ。

群れた「エセ・マッチョ」は男尊女卑を勇ましいと思っている。

ああいう「エセ・マッチョ」は皇統の「男系固執」主義者

であり、尊皇心はない!

「エセ・マッチョ」「エセ愛国者」退治が必要な時代に

なったのである!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ