ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2014.6.26 19:00

アメリカは尖閣諸島を守らない!

 集団的自衛権を巡る議論では、その行使容認に踏み切ることで、
アメリカが尖閣諸島を守ってくれる、
という錯覚があるように見受ける。

だが勿論、アメリカにそんなつもりはない。

尖閣諸島のようなアメリカから見れば
ちっぽけな無人島に過ぎない
ものの為に、経済的に日本以上に
深い関係にあり、
軍事的にも侮れない中国と全面対決するという、
極めてリスクの高い選択肢を、敢えて選ぶか。

しかも、尖閣諸島を自らの領土とする日本自身が、
他国をアテにして、「
本気」で防衛する気がないのだ。

普通に考えて、そんなことはあり得ないと分かるはず。

その上、来日したオバマ大統領自身が記者会見で、
尖閣諸島への軍事侵攻があった場合について、
「『レッドライン(
越えてはならない一線)』は引かれていない」
と明言している。

かつてオバマ大統領はシリアに対し、化学兵器の使用は
レッドライン」と発言しながら、実際に化学兵器が使用されても、
何らなすすべが無かった前歴がある。

レッドラインはある!

と断言しても、凋落するアメリカの現実はこの体たらく。

引かれていない」と公言している以上、
尖閣諸島を守る気なんて更々ないのは明らか。

そもそも、日本ほどの国力がありながら、
目の前にある尖閣諸島の防衛を、
他国に頼ろうとすること自体、
呆れ果てた「亡国」
的態度ではないか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ