ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.6.30 17:08

戦後民主主義が生み出した卑小な男たち


『ゴー宣Special』コンテ2本目を上げた。

わしの描く分量が多い章になってしまった。

まだまだ道のりは長い。

文章はあっという間に書けるけど、漫画はそうはいかない。

 

都議会の女性蔑視ヤジの件で、塩村議員への過去の発言を

見つけ出してきて、「お前が被害者ぶるな。お前だって

過去に女性を傷つける発言をしてるじゃないか」と

バッシングしているらしい。

だからツイッターやメディアで、無責任な発言をしてると、

あとで報いとなって返ってくるのだ。

 

だが、塩村議員の過去の発言も行動も品位も、

全然関係ない!

男が寄ってたかって、一人の女を誹謗中傷する、

公開処刑する行為が許されるのかを問うているのだ!

ただ単純に、「それは卑怯である!」という結論しか

あり得ない。

 

しかもその野蛮が行われた場所は、都議会議場である。

野蛮を行ったのは、都議会議員である。

さらに、女性の社会進出のための障害や少子化など、

東京都および国全体の未来に関わる重大な質問の最中に、

それを男どもが妨害したのである。

国賊ものだと言っているのだ。

 

大した話ではないと言ってる男が多すぎる。

ほとんど無意識に、男尊女卑は日本人の脳髄まで

達している。

それなのに、「男はか弱い女を守る」という最低限の

マッチョイズムすら、この国の男たちは消失しているのだ。

戦後民主主義は、こんな卑小な男しか生み出さなかった!

 

益々、『大東亜論』の重要性が高まっていくばかりだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ