ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.7.1 13:51新刊情報

さあ、いよいよ『保守も知らない靖国神社』が必要になってきた


街の人に任意で聞けば、集団的自衛権の行使容認は意外に

賛成する者が多い。

「まさか戦争にはならないだろうから」

「限定的なら」と、案外、安倍政権を信じている。

なぜ信じたくなるかと言えば、誰もが中国の脅威に怯えて

いるからだ。

尖閣諸島を巡る中国の脅威、あるいは日本海にミサイルを

ぶち込む北朝鮮の圧迫、その恐怖からアメリカに守って

ほしいと人々は思うようになっている。

集団的自衛権の行使容認は、中国や北朝鮮が後押しして

くれたおかげだ。

安倍政権やネット右翼は、中国・北朝鮮に感謝しなければ

ならない。

あまりにもいいタイミングで、中国や北朝鮮が日本を

脅して来るから、安倍政権を利してしまったのだ。

安倍首相は、外国の戦争に巻き込まれるようなことは絶対

ないと、平然と言ってるが、ウブなねーちゃんじゃ

あるまいし、わしはそんな嘘は信じない。

ペルシャ湾の機雷掃海はやらないのか?

岡崎久彦はこれで地球の裏側まで行けると大喜びじゃないか。

なんて正直な親米ポチなんだ。

ある意味、感心する男だ。

今後は自衛隊員が死ぬ可能性もあるだろう?

国家として祀らなくていいのか?

ぜひ『保守も知らない靖国神社』(ベスト新書)を読んでくれ。

今日、見本が上がってきたが、読みやすくていい本だ。

さりげなく冷静に過激かもね。

 『保守も知らない靖国神社』

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ