ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.7.23 05:55

AKB48内山奈月の『憲法主義』を読んだ


AKB48の、なっきー(内山奈月)と憲法学者の
南野森氏の
憲法主義
PHP研究所)をざっと読んだ。

なっきーは現行憲法の条文を暗記していて、コンサートで
披露していたが、凄い暗記力だと思う反面、護憲派の教師に
影響受けてないかと案じてもいた。

なっきーが講義を受ける学者が、護憲派か、改憲派かと
いうことも問題なので、読んでみたが、
ちゃんとした憲法学者で良かった。

憲法は、護憲派、改憲派の対立を超えて、
基本的な知識は必要である。

現在の憲法談義が、「憲法とは何か?」すら理解してない
政治家や言論人によって進められているので、この本は
中立的な位置から見ても、優れた入門書になっている。

なっきーの受け答えやレポートを見ても、
相当に頭がいい子だとわかる。

AKBの中では一番頭がいいだろうし、憲法の知識に
関しては、はっきり言って、最近の政治家はこのレベルに
達してない。

自民党の憲法改正草案を見ても、内山奈月以下だと
いうことは断言できる。

それにしても、なっきーの頭の良さと、あの幼い顔、
しゃべり方には、驚くべきギャップがある。

今後はわしの推しメン、ベスト5に入れて、
総選挙では票も入れることにしよう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ