ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2014.8.15 05:24新刊情報

8月15日の靖国神社は本質から外れている。

小林よしのりライジング
読者コメントから1通ご紹介します。


今日は8月15日、終戦記念日ですね。

戦没者追悼式典では
天皇陛下を始め遺族が平和の誓いを新たにし、
戦争の惨禍を繰り返さないように誓う一方で、
靖国神社では保守派が
中国、韓国なにするものぞ!とアジ演説をして、
ネトウヨが自意識を高める日でもあります。

同じ日、場所も近い靖国神社と日本武道館。
この差はなにか?と考えてしまいます。


ニュースを見ると、どうしても陛下の哀しみ、
遺族の哀しみが集う日本武道館のほうが、
聖域に感じてしまいます。

戦前に昭和天皇が靖国神社に
親拝する映像を見ましたが、
軍国主義時代においてさえ、
粛々とした解説、遺族も粛々と
大君をお迎えになる映像が印象に受けました。

中国なにするものぞ!在日は出てけ!が
いかに靖国神社の本質から外れているかが、
先生の本を通じて分かりました。

今日は静かに英霊を顕彰したいと思います。


本書第8章で、
8月15日の特殊な靖国神社」を
徹底的に分析しています!

第8章
『靖国を排外主義の聖地にするな!』

 8月15日の特殊な靖国神社
 「弱肉強食の論理」を英霊は喜ぶか?
 靖国神社にヘイト・スピーチが侵入
 「戦争ができる国」と「好戦的な国」は違う
 敵がいないと成り立たない神社なんてあるか?
 中国・韓国は熱烈な靖国信者か?
 英霊には朝鮮人もいる!
 「靖国が日韓の火種」に英霊は泣いている!

今こそ知るべき
靖国神社の本質!!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ