ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.8.16 08:33ゴー宣道場

「ゴー宣道場」アンケート回答(その2)


8月10日、第43回ゴー宣道場『危ない日本語48』の
アンケート回答の続きです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆欧米列強に植民地にされまいと、近代国家になってから
英霊たちが守ろうとして来たものをことごとく破壊する行為が、
靖國神社参拝によって許されている国民全体の空気を
英霊がいかに思われるか。よく胸に刻みたいと思います。
(神奈川県・27歳男性・大学院生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これです。
英霊が守ってきた共同体が、小泉・安倍の
新自由主義政権によって破壊されている。
さらに安倍晋三によって皇統断絶の危機が迫っている。
英霊がこれを許すだろうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆冒頭の小林先生のお話で今の自称保守のダメさ、
それに染まってしまっている保守きどりの日本の
ヤバさがものすごくわかりました。
保守というのは「靖国の英霊が守ろうとしたものを
守る存在」至言だと思いました。
笹先生の韓国旅行の話は興味深かったです。
日本人がどれだけ平和ボケしているか、私自身も
そうだと再認識しました。
(神奈川県・39歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戦争とは単なる武力衝突ではないんだよね。
目的は、敵国の体制や国柄を変更することなんだから。
自称保守って、全然、戦争の意味を知らないんだな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆アメリカからの自立が戦後レジームからの脱却の
はずが、アメリカと共に自国のためにならない戦争で
血を流すことを奨励し、かつ自衛官の戦死の可能性を
増やしている。それを積極的平和主義の名の下に
安倍晋三の行なう靖国参拝は何とも許し難い。
英霊の守ろうとしたものを守ろうという感覚を
大事にしていたい。
(神奈川県・51歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「戦後レジームからの脱却」「積極的平和主義」、
どっちもアメリカの属国化への邁進。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆○「保守の条件は靖国参拝」という程に保守が
劣化してしまった事を去年の終戦記念日に
靖国参拝した際に実感しました。
自らのうっぷん晴らしの為に来ている様な輩が多く
失望しました。
○「グローバリズム」・・・アメリカの弱肉強食型
資本主義を浸透させる為の言葉である事を
もっと世間に広めなければ本当に日本が日本で
なくなってしまう危機感を持ちました。
(東京都・39歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「グローバリズム」は自称保守(産経)と
リベラル勢力(朝日)の合意事項。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆○木蘭先生の丸いスカートと猫?のストッキングが
可愛かった。高森先生のスーツの上着のポケットから
ちらりとのぞくハンカチがおしゃれだった。
小林先生の全身白のファッションがこれから戦いの場に
赴くサムライの様でかっこよかった。笹先生の
ネックレスが気品があって素敵だった。切通先生の
まさかのカジュアルルックに度肝を抜かれた。
(しかもおぼっちゃまTシャツ)
○「平和を仕事にする」や萌え絵を利用しての募集に
ついては、正直カンベンしてくれという気分です。
しかしながら募集を行なっている隊員は土日祝日も
犠牲にして必死に募集活動を行なっている実情を
考えると、これも已む無しかとも思います。萌え絵を
気に入って防大に入り、将来将官になったりする
隊員とか出てくるかも・・・とか考えると、力が抜けていく
気もしますが・・・。
(静岡県・38歳男性・自衛官)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自衛官は制服を着てカッコいい姿を
ポスターにすべきなの!
最新の武器を持って構える姿でも良い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆切手を頂けたことが嬉しすぎて舞い上がっています。
皆さん、欲しかったんだろうな~~と思うと、
申し訳ない気もしますが。
普段、じゃんけん弱いし、クジ運もないので一生分の運を
使ったかもと心配です(笑)。次回のゴー宣道場、
当選しなかったらどうしよう・・・。どうか、お願いします!!
最後になりましたが、師範の皆様、設営隊の皆様、
スタッフの皆様のおかげで今日も楽しい時間を
過ごすことができました。本当にありがとうございました!
(東京都・37歳女性・看護師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あの切手はもうわしの手元に1枚しか
残ってないんだよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆児童ポルノにムキになる人は正直「?」です。
3歳の娘がいる身で、アパートのゴミ捨て場に幼女ものの
エロ本が大量に捨てられていた時、真剣に引っ越しを
考えます。表現云々は分かりませんが、愛する娘が
大事に育ってくれることだけが望みです。
そのための規制ならやむなしと思うのは
親のエゴでしょうか?
いずれにせよ、とても刺激を受け、有意義な時間でした。
(東京都・37歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エゴではありません。
たかが漫画やアニメより子供の方が大切です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「児童ポルノ」に関して。岡山の少女監禁事件で
犯人は、少女を「私の妻です」と言いました。
私はオタクの端くれとして断言しますが、この犯人は
美少女萌え作品の影響を確実に受けています。
そうでなければこんな言葉は出てきません。
この言葉を聞いて、私は「萌え」にも何らかの規制が
必要だと思いました。
(福井県・24歳男性・介護士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「萌え絵」そのものを規制するわけにはいかない
だろうが、「萌え絵」の深層心理は抉っておく
必要があろうな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小林先生が最後に話されたアマゾンでの
書籍購入について、フランスはすごいというか、
それが当然だよなとも思いました。日本には、
規制をかける政治家が一人もいないと話されたのも
当然と思いました。私も良くアマゾンを利用するからです。
ふらっと立ち寄った本屋で、良書を見つけることも
少なくなく、その本屋がアマゾンを利用する事で
消滅につながる事など、思ってはいても便利さに
流されてしまう事について、もう一度立ち止まって
考えてみたく思いました。
(茨城県・38歳男性・高齢者介護)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
愛国運動や左翼運動なんかより、
「本屋で買う運動」の方がよっぽど公のために
なるのにな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆危ない日本語の候補が多数挙げられた事それ自体、
日本の危うさを象徴していると思う。その原因は、
厳しい現実を見たくないという思いを、当然の事で
あるかの様に思う国民にこそあると思う。
高森師範も仰られたが、国民が変わらないと
この欺瞞は続き、本当の恐怖は突如我々の眼前に
つきつけられる事は避けられないと思う。
綺麗事を排除した、真剣な、早急な問題意識と
希望の模索が必要だと痛感した。
(神奈川県・29歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世の中が誤魔化しだらけであることの証左として
「危ない日本語」がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「危ない日本語」は何気なく聞いていたものも多く、
そのひとつひとつに色んな欺瞞性や本来の意味が
発言者の人たちから聞くことができて楽しかった。
児童ポルノ法については母親の方が発言した
「(実写であろうと絵であろうと)そもそも対象が
子どもに向かうこと自体がおかしい」というのに
完全同意でした。小児性愛は、夢想を現実化しては
ならないという意味で殺人と同様、公序良俗に
反するタブーであり、その意味はパートナーや
お店に行けば実現できるSMやコスプレといった
性的嗜好と明確に異なるものだと考えます。
つまり小児性愛は明確に病気の一種であり、
反社会性を帯びたものなので、やはり何らかの
表現規制はやむを得ないような気がします。
(東京都・38歳男性・編集・ライター)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その通り、冒してはならないタブーだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆オーウェルが全体主義の危なさに気付いたのが
1948年というのは深すぎて驚嘆しました。
萌え絵には人格がないというのは重要な点だと
思います。AKBの子には人気商売でも人格は
がっちりありますね。
(36歳男性・CGデザイナー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こじつけのようでこじつけでないかも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆言葉が乱れているのは社会が乱れているから
なのだと感じました。言葉に含まれる意味も考えず、
表面的な部分のみを汲み取って議論するのでは、
世の中は何も変わらないと思いました。
「グローバリズム」やアベ語録の数々、様々なゴマカシに
ついて本質を見抜く力が必要だと強く思いました。
・1年半ほど道場に通い、有意義な時間を過ごせました。
大学受験が終わった来年4月か6月、また来たいです。
(岩手県・17歳男性・高校生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いいなあ。また来なさい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆○いつもと違うごった煮の議論の行く末にハラハラ
いたしました。
商船の軍事転用のエピソードについて興味深く
伺いました。ウェイターの方のお気持ちは大変良く
わかります。やはり自分が当事者であることがわかると
感情に火がつきますね。
○「危ない日本語」というテーマが成立するほど、
日本語には表現の懐の深さがあるのだということを
改めて感じました。
その上で、この表現の懐の深さを権力者の側に
巧妙に悪用されてしまうと大衆が実に難なく操作されて
しまうという気味悪さを感じずにはいられません。
高森先生のおっしゃったように、そうならないためには、
我々が日々勉強して賢くならなければいけない
わけですね。
(東京都・45歳男性・講演著述)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「表現の懐の深さ」って良い意味で使わなきゃ。
「危ない日本語」の場合は「表現の悪用」とか
「表現の自壊作用」とか「表現の欺瞞化」とか
言ってほしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆内容が内容だけに、充実しているどころではない
ギュウギュウの道場でした。
「靖国」や「戦前・戦後」に「自衛隊」と言った
歴史や軍事にかかわる事、「グローバリズム」などの
政治・経済にかかわる事、特に時間をさかれた
児童保護と表現の自由にかかわる「児童ポルノ禁止法」と、
時間もなくて個々にあまりふれられませんが、
どれも直接にかかわる人々だけでなく、国民全員が
ごまかしやためらいなく対話すべきだと確信しました。
その点におけるお手本もやはり天皇陛下にあるのだと、
つくづく感じました。
(群馬県・30歳男性・家事手伝い)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本語にこだわるだけで、これだけの議論が
できるわけだが、時間があれば他の候補の
危ない理由も議論したかったね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回「ゴー宣道場」は10月12日ですが、
テーマはもう少し考えさせてくれ。
考えてることがあるから。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ