ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.8.21 04:00

一周遅れの自己満足な慰安婦議論


産経新聞に「慰安婦の虚像と実例」という記事が載っている。

慰安婦は将兵とスポーツやピクニックを楽しみ、

高価な蓄音機を持ち、買い物にも出かけていた、

日本人兵士と結婚もしていた云々という米軍の史料を

持ち出している。

この史料は、わしが17年前に「異議あり!」という深夜番組

で読み上げたことがある。

プロ市民+佐高信の5人相手に、わし1人で討論した番組

だったが、懐かしい思い出である。

つかこうへいの著書「娘に語る祖国 満州駅伝―従軍慰安婦編」

も当時読んで、感心したものだ。

在日でも、公平にわかってくれる者がいると思って驚いた。

つかこうへいは最後まで尊敬すべき人物だった。

だが、あの時代ならば、「性奴隷とはほど遠い」という認識で、

戦える状況だった。

今はもう遅い。

朝日新聞はアメリカの価値観まで後退しただけだ。

とても賢い。

自称保守派はアメリカの価値観と戦わねばならないのに、

未だに朝日新聞を目の敵にしている。

一周遅れの議論で自己満足したいのだろう。

親米保守なのにアメリカと価値観を共有できないジレンマから、

いつまで目を背けておれるのか観察しといてやろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ