ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2014.8.27 03:01皇統問題

『よしりんウィキ直し!』への男系派の反論を添削!

私・時浦は「小林よしのりライジング」で
『よしりんウィキ直し!』を隔週連載しております。
 
ウィキペディアの
『ゴーマニズム宣言・天皇論追撃篇』(『新天皇論』)
の項目を男系固執派が荒らしまくって
デマばっかり書き込んでいるのを一つ一つ添削しており、
最新号では次のように書きました。
 
女系天皇は史上例がなくすべて男系による継承がなされた。
そんなことはありません。何度も言っているとおり、
斉明天皇から天智天皇は母から息子への女系継承、
元明天皇から元正天皇は母から娘への女系継承です。
これを「男系継承」とするのは、男系固執が定着した
後世のこじつけでしかありません。
 
すると、ライジングの購読者にも
男系固執派が入り込んでいて、
コメント欄に反論を書き込んできたので、
ここで添削しておきます。


日本書紀、続日本紀には男系継承を示す内容が書いています。
日本書紀・続日本紀は漢文で書かれ、
シナの歴史書の影響を強く受けているため、
シナ男系主義に倣った内容になっているのです。
 
(天智天皇:4代も前の舒明天皇の名前をだし、
舒明天皇の皇太子である事を強調。
4代も前の天皇の名前を出さないと男系を主張できない
というところがそもそも無理なのです。
 
元正天皇:即位の宣明に男系継承の経緯が書かれている)
あなた、「即位の宣命」って何だかわかってます?
男系継承の経緯を書いているのは
続日本紀の血統を説明している部分であり、
「即位の宣命」ではありません
「即位の宣命」では、元正天皇は、
「朕は天皇の位を譲るという先帝の命をつつしんでお受けし」
と詔されています。
「先帝」つまり女帝で母親の元明天皇から譲位
されたとはっきり言っているのであり、
男帝から継承したとは言っていません。
 
日本書紀・続日本紀は正史です。
つまり、当時の人たちがどう思っていたかが書かれています。
「当時の人」とは、天智天皇・元正天皇が
即位した当時の人
のことです。
日本書紀・続日本紀は
「男系固執が定着した後世」に書かれた
ものなのです。
「当時の人」の感覚が表れているのは、
即位当時に出された「即位の宣命」の部分であり、
そこには「先帝(女帝)」から継承したと書かれているのです。
 
これを女系継承とする方がこじつけでしかありません。
4代前までさかのぼらないと
天智天皇を男系継承ということにできない
ことの方が「こじつけ」以外の何物でもありません。
 
また、小林先生曰く明治天皇の勅裁であり
学者・評論家の議論の余地などない「旧譜皇統譜」も
斉明天皇から天智天皇、元明天皇から元正天皇に
実線が引かれておらず
舒明天皇・草壁皇子より実線が引かれています。
当然「旧譜皇統譜」も日本書紀・続日本紀等の歴史書を
ベースにしていますからシナ男系主義に
こじつけた継承となっています。
しかもこれが成立したのは
「男尊女卑が国民の脳髄を支配している」と
言われた明治期ですから、なおのことです。

しかし、そのような過程で成立している「旧譜皇統譜」でさえ、
「世系第一」すなわち天皇の血統の最初の最初が
女神である天照大神であるということが決定的に大事
なことなのであり、よしりん先生はこの事実を
強調するために「明治天皇の勅裁であり
学者・評論家の議論の余地などない」と言ったのです。
なぜそこまで天照大神の存在を無視したがるのでしょうか?
 
つまりWiki通り、皇位継承はすべて
男系継承でなされたと言えるのです。
もしかして、あのウィキ書いたのあなたですか?
ともかく以上述べたとおり、
ウィキに書いている「男系継承」の理屈は
すべて後世のこじつけです


トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ