ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.9.5 00:18

池上彰の慰安婦問題のスタンスは?


94日の朝日新聞に一度は掲載を拒否された池上彰氏の

「慰安婦報道検証」についての意見が載っている。

訂正、遅きに失したのでは」と題して、「しかし、今頃やっと、

という思いが拭い切れません」とある。

 

奇妙な話だ。

この人はかつて「慰安婦は強制連行ではない」という自説を

どこかで表明したことがあるのだろうか?

わしは池上氏の慰安婦に関する立場を聞いたことがない。

 

つまりこの論評は「後出しじゃんけん」なのである。

後出しじゃんけん」で、空気に感化されて朝日新聞を批判して

いるだけなのだ。

こういう輩が日本人にはものすごく多い。

 

堀辺正史氏は、日本人には「武士的個人主義」と「足軽的集団主義

の二種類が、昔からいたのだと言う。

足軽的集団主義」に向けて商売した方が儲かることは確かだが、

わしは頭数(あたまかず)の人間にはなれない性分なので、それが

できない。

いや、単なる天邪鬼ではない。

その足軽たちが、正確に敵陣を目指して駆けているのなら、見守って

いてもいいのだが、弱体化した敵にしか向かっていかない足軽だから

侮蔑せざるを得ないのだ。

 

池上氏は「朝日の記事が間違っていたからといって、「慰安婦」と

呼ばれた女性たちがいたことは事実です。これを今後も報道する

ことは大事なことです」と書いているが、

これはどういう意味なのだろう?

池上氏は慰安婦がどのような身分で存在していたと思っているのか?

単なる売春婦としてか?

それとも性奴隷としてか?

自分の見解は明らかにせずに、全体の形勢がはっきりしてから、

片方を批判するという手口は、わしから見れば卑怯者に映るのだ。

 

池上彰の評論が朝日新聞から拒否されたと言って、大喜びで、

朝日新聞バッシングに利用していた諸君らは、この池上評論をどう

見るのだろう?

関心あるのはバッシングで、評論の中身には関心ないか?

ものを考えない連中だからなあ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ