ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2014.9.7 13:24

朝日新聞の思い出(1)

 以前、自分でストリップショーを見たこともないのに、
何故か(上)(中)
(下)に分けて、ストリップを巡る思い出を、
くどくどと語った。

何とも馬鹿げた話だ。

しかし、意外と好評だった。

そこで、些か懐古趣味に傾き過ぎかも知れないが、
今回は、
朝日新聞の思い出を取り上げよう。

何故、朝日新聞かって? 

近頃、『朝日』が何かと取り沙汰されているから、
ただそれに便乗しようと考えただけ。
って、少し正直過ぎ?  

覚束ない記憶だけを頼りに、紹介してみたいのは、3つの思い出。

その1。
今から27年前、
朝日新聞本社にたった1人で乗り込んで、
抗議したこと。

その2。
22年前、当時の朝日新聞の政治部長(後に主筆)
若宮啓文氏の奢りで、四ッ谷の赤提灯で一緒に酒を呑んだこと。

その3。
10数年前、私が非力ながら「
新しい歴史教科書をつくる会」の
事務局長を拝命していた当時、
朝日新聞の文部科学省担当だった
Y記者のこと。

これから順番に、思い出すまま述べてみたい。

(つづく)

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ