ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.9.26 03:47

朝日新聞の紙面審議会の欺瞞を突く


朝日新聞の朝刊に「紙面審議会」の4人の委員からの

「本紙への批判や提言」が載っている。

そもそもこのメンバーが普段は朝日新聞シンパであり、

リベラル左翼なのだから説得力がなくなる。

茶番だと批判されることが見えてるのに、こういうメンバーで

審議会と称する欺瞞が理解できない。

危機管理能力が欠如している。

 

斉藤美奈子は、吉田証言は信頼性がないと以前から広く受け止め

られていたと、しゃあしゃあと述べている。

『戦争論』の論評であれほどヒステリックに罵倒していた

左翼評論家がよくも言ったものだ。

「私は吉田証言の強制連行は信じてない」と、どこかで表明

したことがあるのか?

「強制連行」から「戦時性暴力に対する国際的な視野」に

スライドしたのは何時か?何故か?をわかっているのか?

後出しじゃんけんで、えらそうに権威ぶるんじゃないぞ!

 

中島岳史がまた「私が大学に入った90年代半ばには、すでに

吉田清治氏の証言は使えない資料だ、という認識は研究者の

間で共有していた」などと嘘を書いている。

嘘を言っちゃいけないぜ。

わしが慰安婦問題で死闘を繰り広げていたのは90年代後半だ。

まだまだ「強制連行」説の方が多かった。

研究者とは誰のことだ?

「朝まで生テレビ」でデーブ・スペクターが

ジョージ・ヒックスの本を高らかに掲げて、わしや「つくる会」

のメンバーのことを「狂信者」と詰ったことが今も目に浮かぶぞ!

 

リベラル左翼にしても、後出しじゃんけんで、一応朝日新聞を

批判しておくというスタンスは確保しておくらしい。

ずるい連中だ。

 

自称保守のバカどもも、慰安婦問題を未だによく理解してない

くせに、ブームに乗って朝日新聞を罵倒してるクソ野郎ばかりだが、

リベラル左翼も卑怯において負けてないな。

 

中島岳史も「慰安婦問題の本質は、強制連行の有無ではなく、

戦時下での性暴力・人権問題である」と偉そうに言ってるが、

なぜそうなったのかが問題なのだ。

その責任者を特定し、非難することは、リベラル左翼ごときには、

絶対に出来ない。

もっとも自称保守の「勝ち馬乗り」軍団も、無知のバカ騒ぎに

過ぎないから、朝日新聞以外の犯人が特定できないのだが。

 

この審議会のリベラル左翼は、「南京大虐殺」についての見解を、

さっさと表明しろ!

それもまた、後出しじゃんけんでしか、言わないつもりか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ