ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.9.29 02:14

山谷えり子と在特会と統一協会


山谷えり子は在特会だけではなくて、統一協会とも繋がりが

あるらしい。

自称保守派や自民党議員に受けのいい「ジェンダー批判」や

「純潔教育」は統一協会の影響だろう。

 

在特会は「朝鮮人」に対して排撃的だが、なぜ統一協会の影響を

受けた安倍政権を批判しないのだろう?

 

しかし、朝鮮人差別の「在特会」と、朝鮮人・文鮮明教祖の

「統一協会」の二股をかけている山谷えり子とは、一体何者だ?

 

女性の純潔や、専業主婦礼賛や、家族主義を掲げるものだから、

神道関係者にも受けのいい山谷えり子、実に不気味な政治屋だ。

この山谷を「国家公安委員長」に任命した安倍晋三は、一体何を
考えているのか?

まったく恐ろしい!
日本はカルトに支配されつつあるのではないか?

宗教団体に「個」はない。

「集」で動くから、全員が統一した見解で動く。

まさに統一協会だ。

そういう各種宗教団体の集団票が欲しくて、政治家は媚びを売る。

これが日本の政治を歪めていく。

 

どこの組織にも属さない一般国民が、「個人」としての票で政治

を動かすようにならなければ、国の将来は暗くなるばかりだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ