ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.10.12 23:56ゴー宣道場

昨日の「ゴー宣道場」は面白かった


昨日の「ゴー宣道場」は面白かった。

宇野常寛氏、古市憲寿氏の個性が炸裂して実に楽しい議論だった。

二人とも若いのに知識が豊富だし、よく考えている。

わしの立場と近い部分もあれば、違ってる部分もある。

 

わしと宇野氏のやりとりがスリリングだったという感想があったが、

一つのテーマを深掘りしていく議論のためには、あのような

宇野氏の食い下がりは有効だろう。

近頃の左右両陣営の議論はポジショントークに堕していて、

観客の望む意見を言って、観客も「俺の考えと一緒だ」と上から

目線で拍手する。

まさに紋切り型で、頽落していて、ゆえにスリルがない。

 

わしはポジションに固執する気もないし、言論上の立場を自分の

アイデンティティーにする気もないし、納得したら転向しても

構わないし、この世界に少しでも公的領域を拡げるために

言論をやっている。

 

終了後のアンケートの感想を見たら、宇野・古市両氏をまた

呼んでくれというリクエストがやけに多くて驚いた。

こんなに人気が出たゲストは初めてだ。

相応しいテーマで、また出てもらうことにしよう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ