ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.10.25 02:25

長谷川三千子と在特会の関係


サンデー毎日に「NHK経営委員と『在特会』」という記事が

出ていて、「会長が参加動員した集会で講演」とある。

誰だと思ったら、なんと長谷川三千子氏だ。

かつて仲間だと思っていた論客が、どんどん劣悪な集団と

ヤバイ絆を作っている。

 

左翼にもピンからキリまでいて、右翼にもピンからキリまでいる。

右も左もピンの方は学ぶべきところがあるが、キリの方は

非常識の見本である。

この「常識」と「非常識」の区別をつける力があるかが、「保守」

の質を問われる分水嶺なのだが。

 

だが最近は自称保守論壇は、右イデオロギーなら、キリもOK

なっていて、長谷川氏も右イデオロギーなら何でもいいやと

講演に出かけていってしまったのだろう。

「愛国」を言いさえすれば非常識も「無罪」ではないのだが。

 

右イデオロギーの「世間」に、在特会やネトウヨや暴言タカ派

チャンネルなどの連中も混入してしまっているので、

無知な若者が、価値の優劣をつけられなくなっている状況が

危険である。

右イデオロギーの価値相対化が進んだ結果、長谷川三千子も、

橋下徹も、在特会も、差がわからない状態だ。

 

橋下は在特会会長と対談し、10分の口げんかで終わった翌日、

在日が持っている特別永住権を一般永住権と一本化するべきと

発言。

在特会の主張を認めてしまっている。

これでは「在日特権」なるものがあると認めたも同然で、結局、

「維新の会」に潜り込んだ元在特会の連中に、橋下はすでに

洗脳されているのではないかという疑惑が湧く。

 

「在日特権」はあるのか、ないのか?

自称保守の連中も、長谷川三千子も、そこを根本的に調べようと

せず、せいぜいネットのガセ情報で洗脳されてしまうのかも

しれない。

いずれにしても、自称保守の知識人が劣化しているから、

右イデオロギー全般が腐敗している。

わしは、自称保守、右イデオロギーの「世間」から隔絶した

「個人」として、戦う決意をとっくに決めている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ