ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2014.11.1 06:30

百地章氏の「正論」

産経新聞10月30日付「正論」欄に
憲法学者で日本大学教授の百地章氏が
旧宮家の男子を皇族に迎えよ」との一文を発表された。

以前、女性皇族がご結婚により民間人になられても、
特例として尊称を認めて皇室活動を手伝って頂く―
というプランが出されていた。

だがこれについて、百地氏は
新たな身分制度を作りかねないとの批判があった」などと言及。

その上で
閣議決定による称号なき
"民間人になられた元皇族女性による皇室活動”
という新しいプランに一定の共感を示す。

しかしその一方で、
皇室活動のご支援と皇位の安定的継承の確保という
2つの目的を同
時に解決する唯一の方法は
旧宮家の男系男子を皇族に迎えることし
かない」と断言された。

これは言い換えると、“民間人の皇室活動”案では、
皇室活動支援などとは比較にならない、
決定的に重要な「
皇位の安定的継承の確保」は不可能(!)

ということに他ならない。

自明のことながら、
改めてこの事実を率直に指摘されたのは有益。

結論として
速やかに宮家の充実を図っておく必要がある。
安倍晋三首相の英断を期待したい」と締め括っておられる。

賛成だ。

安倍首相は「民間人の皇室活動」
なんぞという暴挙に断じて手を出してはならない。

まずは、旧宮家系国民男子の皇籍取得という方策の可能性を
真剣に探ればよ
い。

もちろん、その際、皇室の尊厳を汚したり、
「君臣の別」を乱すことがないよう、最大限の配慮が必要だ。

また、有形無形の強制が働かないよう、
これまた最大限の注意が求められる。

それを踏まえて、やれるだけやってみればよい。

少なくとも、最低最悪の脇道に迷い込むよりは、
遥かにマシだ。但し、
女系を認めず、しかも(側室による)庶子継承を認めないと云ふ
継承法は無理をまぬかれぬ」(
葦津珍彦氏)事実は動かないが。

なお百地氏は今回のご文章で、
旧宮家系国民男子の皇籍取得を「唯一」の解決策と限定されたが、
これは従前
「皇統を守るために、
女帝さらには女系の選択もあり得る」
(『憲法の常識 
常識の憲法』)とされていたのとは、
やや整合性を欠くのではあるまいか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ