ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.1 13:48日々の出来事

全部、聞かれていた話


福岡の某ホテルのカフェ&レストランに入って、ぶつぶつ文句

ばかりをつぶやいていた。

 

見ろよ、あのウエイトレス、頭の上に小さなとんがり棒を

乗せて、なんというみっともなさだ。

ウエイターはもっと酷い。小さなかぼちゃを頭に乗せて、

かぼちゃの両側から蝙蝠の羽根が出ている。

 

名の知れたホテルのレストランなのに、あまりにもダサくて、

スマートさも優雅さもない。

ハロウィンの馬鹿騒ぎに乗っかってるつもりだろうが、

ホテルはファミレスじゃないんだから、何でガキの馬鹿騒ぎに

便乗してるんだ?

ホテルに客が欲するのは、優雅さや落ちつきなのに、

これじゃファミレスじゃないか。

 

しかし福岡は中国人と韓国人がやけに増えたからか、

一般市民の服装もダサくなったなあ。

街に出かけるときくらい、ちっとはオシャレすればいいのに、

あんな普段着で外出するもんかね?

 

隣のテーブルの客の会話を聞いたか?

明らかに上司と女子社員だが、妻からかかってきた電話を

不機嫌に切って、女子社員が『奥さま、用事があったんじゃ

ないんですか?』と聞いたら、スケベ上司が何と言ったと思う?

『今日は君が妻ということで』だと!

なんという気色悪いセリフだ!

これってパワハラじゃないのか?

こういう下心丸出しのダサいセリフが、福岡では未だに流通

してるんだな。

 

まったくうんざりだ。早くここを出よう。こんな場所にいたら、

感性が腐れてしまう。

そう言ってレジに行ったら、従業員の女性がわしに謝罪した。

どうも申し訳ありません。お気に障られたようで。

 

わしの席の真横が、薄いすりガラスの壁だったのだが、ブツブツ

文句ばっかり言ってたわしのセリフが、なんと全部、聞こえて

いたらしい。

壁に耳あり、文句は公共の場で口に出して言うもんじゃないな。

家に帰って来てから言うもんだな。

しかしあの従業員、ずっと盗み聞きしやがって。
「聞こえてます」とひとこと言え!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ