ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.3 01:03日々の出来事

明治の天長節


たまには爺さんみたいなことを言っておきたいのだが、

113日を今は「文化の日」と言っているが、元々は

明治天皇の誕生日で、明治時代は「天長節」と言っていた。
天長節が明治節となり、文化の日になってしまった。

外国の文化であるハロウィンで、あれほど馬鹿騒ぎした

直後に「文化の日」が来るのが皮肉だが、ハロウィンも
これからの
日本の歳時記になるのだろうか?
ハロウィンはクリスマスより、バレンタインデーより、
嫌悪感がある。
よりキチ○イじみているからだ。

お祭り騒ぎ、馬鹿騒ぎで、資本主義を活性化させるイベントが、

日本の「文化」となってしまっているのなら、愛国心なんて

表層的なものに過ぎない。

ヘイトスピーチ・デモも、ハロウィンも大して変わらない、

ストレス発散のキチ○イじみた馬鹿騒ぎである。

 

「保守」は主義ではないから、原理主義的にハロウィンなんか

断固阻止とは言わないが、少なくとも日本人の美意識に反する

と感じるなら、抵抗して小言のひとつも言っておく、

それが「保守」の態度というものである。

 

どうせジジクサいとか、単なる父権主義とか言われるのが

オチだが、新奇なものの侵入を、もろ手を挙げて迎えるような、

幼児化した大人にはなりたくない。

 

資本主義や近代合理主義や進歩主義を、万歳して受け入れる

先には、弱肉強食の超格差社会が待っているだけで、

その世界で悠々自適で暮らしているのは、実はわしのような、

ほんの1%の強者しかいないはずである。
弱者ほど資本の暴走を受け入れるのだ。

どいつもこいつも、弱者のくせに、資本の暴走を受け入れる

だけで、「日本の文化」について考えてみようとしない。

時々思うのだ。

なんでわしのような強者が弱者のことを心配してるのだと。

貧乏になりたいと大多数の国民が言っているのだから、

放っておいてもいいのだが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ