ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.4 03:07日々の出来事

SAPIOの話


12月発売の『大東亜論』のコンテを完成させた。

12月の〆切が早いので、このまま1月発売のコンテに突入

するかもしれない。

1月の〆切も教えてほしい。

以上は「SAPIO」の担当・酒井くんへの伝言。

 

しかし今日発売の「SAPIO」の特集、「中韓の対日歴史戦争」

ってやつ、やっぱりああいうの読者が喜ぶのかねえ?

「ちくしょう」「くやしい」「なんて奴らだ」「おのれええええ」

「ギリギリ・・」と感じるばかりで、不愉快でしょうがない

のだが、それが快感なのかねえ?

歯ぎしりして憎悪して、ナショナリズムを掻き立てても、

戦争する覚悟もないし、意味が分からんのだよね。

まあ、とにかく雑誌を売ってくれなきゃ、『大東亜論』の

面白さに気付く人もいなくなるから、どんな手段を使っても

売ってほしい。

後ろの方の「日本人のルーツ」の方が面白そうだな。

でも、編集者の写真がボケてるのが、すごく怖い。

「リング」とか、ホラー映画に出てくる死者の顏みたいで

ゾッとした。

一番下の東南アジア系の顔が、今のわしの担当編集者だよ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ