ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2014.11.10 11:05

宮崎駿氏の「勤勉」

長年、アニメ映画を手掛けてこられた宮崎駿監督が
「アカデミー名誉賞」
を受賞。

日本人では黒澤明監督以来、2人目という。

快挙だろう。このニュースに触れて、
私が真っ先に思い浮かべたのは、彼の「
勤勉さ」。

と言うのも以前、
脳学者の池谷裕二氏とコピーライターの糸井重里氏の対談
初出は平成14年)の一節を読んで、
余りにも強烈な印象を受けていたからだ。

糸井氏いわく、
あるクリエイターの仕事話を聞いたことがあって、たまげたんです。
そのクリエイターは、朝の9時に仕事場に来て、
そのまま黙って仕事をして、朝の4時に帰宅するんだそうです。

毎日。

(略)2食ぶんのお弁当を持ってきていて、
食事には15分しかかけないそうです。
昼に半分食べて、お腹(
なか)が空(す)いたらもう半分食べる。
あとはひたすら仕事をしているんだって。
しかもその人は仕事をやりはじめてから24年間、
風邪はもちろん、あらゆる病気にかかったことがない…。

(略)お正月は1月2日からふつうに仕事場に来ていて、
社員が風邪をひくと怒るんだそうです。

(略)手際のよさや整理のうまさなんかじゃなくて、
9時から4時まで仕事をせざるをえないぐらいの
強烈な動機の塊(かたまり)』みたいなものが、
トップクリエイターの根っこにあるチカラなのかなぁ、
と思うんです。

やりすぎてしまった人が、天才なのだというか。

略)隠していてもしょうがないから言ってしまうと、
そのクリエイターって、実は宮崎駿さんなんです」
(『海馬 
脳は疲れない』新潮文庫)

― 宮崎駿監督最後の長編アニメにして、
個人的には最高傑作かもと思っている「風立ちぬ」の主人公、
堀越二郎のモデルって、実在の堀越以上に、
宮崎駿自身ではないだろうか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ