ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.11 05:53新刊情報

作画スタッフへの励まし


これは作画スタッフへの励ましで言うが、『ゴー宣special』の

8章までの完成原稿を見ると、なかなか凄いじゃないか!

見ごたえのある、迫力ある絵になっている。

 

宇野常寛氏は『戦争論』を情報と言うが、実は物語と情報の

両面があって、ネトウヨは情報しか受け取れないが、

物語の情緒を受け取った読者の方がはるかに多いのである。

ネトウヨは『戦争論』の読者のほんの一部だ。

 

なにしろわしは、センチメンタリズムを慰安婦に取られて

しまっている当時の状況を、ひっくり返すために『戦争論』を

描いた。

動機は祖父たちへの感謝なのだ。

自国の祖父たちへの情愛を取り返すための『戦争論』だったのだ。

 

情報ではセンチメンタリズムを取り返すことは出来ない。

だから「南の島に雪が降る」や「特攻隊」の物語を、

戦後民主主義者である小林よしのりの物語に重ねることによって、

祖父と孫の世代を繋いだのだ。

そのような作業は、情報のみでは出来ない。

物語でしか、情愛の回復は出来ないのである。

 

ネトウヨは基本的に情緒が欠落しているから、情報戦の快感に

溺れていくが、そんな連中よりはるかに多い読者が、『戦争論』の

物語性に心を揺さぶられ、涙して、感動してくれたことを

忘れてはならない。

 

そして、漫画のネーム部分は情報かもしれないが、漫画の絵には

情報を上回る衝撃や、感動を伝えることが出来る。

だからこそ、単なる絵解きにならないように、絵が説明図になら

ないように、考慮して描いていくことも必要なのである。

 

11月いっぱいを目指して、現在進行中の『ゴー宣special』は、

まず第1章で、ほとんど文字のない、絵だけで物語を進行させたが、

その絵の迫力が尋常ではない。

作画スタッフ諸君、この調子で頑張れ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ